最速情報

更年期障害を知ろう!

人は年を取ると、どうしても体の機能が衰えていき、更年期障害に陥ってしまうケースが多々あります。
更年期障害とは一体どういうものなのか余りご存知でない方がいらっしゃることでしょう。
今回は、更年期障害について説明していきたいと思います。

更年期障害の対象年齢は、45歳から55歳だと言われていて、自律神経や精神症状が絡むことで起こる、不定愁訴の総称とのことです。
更年期障害になる原因は、年を重ねるごとに卵巣機能が低下することで、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの量が減少して、脳の視床下部の自律神経中枢に悪影響を与えて自律神経失調症を招いてしまいます。

更年期障害は、自律神経失調症状と精神症状に分けられます。
自律神経失調症状は、ホットフラッシュや発汗などの症状が表れます。
精神症状は、憂うつや情緒不安定などです。
更年期障害は、甲状腺などの内科疾患に加えて、うつ病などの精神科疾患とよく似た症状が表れる場合があるため、2つ以上の診療科の受診が欠かせないケースもあります。

更年期障害の主な治療方法は、エストロゲンを活用したホルモン補充療法や自律神経調整薬を用いた薬物療法です。
しかし、5年以上ホルモン補充療法を受けている女性の場合は、その治療を受けていない女性よりも乳がんにかかる可能性が1.3〜1.4倍高くなってしまいます。
そのことに心当たりがある女性は、乳がんのことも考慮した上でホルモン補充療法を受けてください。

更年期障害になぜサプリか

サイト概要

(C) 更年期障害をサプリで回避! All rights reserved.