最速情報

更年期障害になぜサプリか

更年期とは閉経前後の数年を指します。
更年期は閉経の影響でエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減少します。
エストロゲンが減少すると自律神経が乱れ、ホルモンバランスも崩れていき心身に変化が出てきます。

状態がひどくなり更年期障害になると、頭痛やほてり等の肉体的症状や、うつ等の精神的症状が現われてきます。

更年期障害かなと感じたら速やかに治療を受ける事をお奨めします。
現在では産婦人科や更年期専門外来でホルモン治療を受けたり出来ます。
しかし病院だからと言って安心出来るのかと言えばそうではなく、同時に副作用に悩まされたりします。

例えばホルモン補充療法に関してはエストロゲンの単体投与を行いますが、それにより子宮内膜癌の発症率が2倍になったり、乳癌の危険性も増加したりします。

またプラセンタも治療に効果がある事から注射や製剤等で用いられますが、プラセンタ注射をすると献血が出来なくなるという事があります。

では更年期障害はリスクは避けて通れないものかと言うと、実はサプリメントがとても有効です。
サプリメントには医薬品には無い良さがあり、副作用が少ない事や処方箋が無くても気軽に手に入る事、通院の必要が無い為忙しい人にとっては便利な事等が挙げられます。

医療機関でも更年期障害の治療をしながらサプリメントを積極的に取り入れている例もあります。
ただ、飲んですぐに効果があると言うものではなく、1ヶ月位様子を見る事が必要です。
更年期障害治療は体に必要な栄養素を補給しストレスを軽減させる事が重要なので、きちんとした食生活を基本にサプリメントで補っていくと効果的です。

サプリメントの正しい使用方法更年期障害を知ろう!

サイト概要

(C) 更年期障害をサプリで回避! All rights reserved.